安達祐実が主演映画「花宵道中」で乳首晒した濃厚全裸濡れ場


安達 祐実(あだち ゆみ、1981年9月14日 – )は、日本の女優、タレントである。本名、長谷川 祐実
誕生日
1981年9月14日

星座
おとめ座

出身地
東京

性別

血液型
A型

身長
153cm

体重
37kg

デビュー年
1992年

デビュー作品
学校があぶない (TBSテレビ)

代表作品

1993年
REX 恐竜物語 (映画・松竹)

1994年
家なき子 (日本テレビ)

1997年
ガラスの仮面 (テレビ朝日)

1999年
元禄繚乱 (NHKテレビ)

出典:日本タレント名鑑(VIPタイムズ社)

主な活動

テレビ

警視庁ゼロ係
デザイナーベイビー
マザー・ゲーム
トクボウ警察庁特殊防犯課
明日、ママがいない
鑑識特捜班・九条礼子
世直し公務員ザ・公証人

舞台

大奥

映画

王妃の館
映画ST赤と白の捜査ファイル
花宵道中
野のなななのか

写真集

私生活
安達祐実が主演映画「花宵道中」で乳首晒した濃厚全裸濡れ場
内容紹介

【解説】
2006年に第5回「女による女のためのR-18文学賞」にて大賞・読者賞をW受賞した宮木あや子による「花宵道中」。遊女たちの甘美で切ない生き様を、赤裸々かつ繊細な筆致で描き、女性から多くの共感の声が寄せられ、12万部のベストセラーとなる。その後、漫画化されると更なる話題を呼び、累計30万部を超えるヒットを記録。そして、遂に2014年映画化が実現した。
宿命に翻弄されながらも一途な恋を貫き通す主人公・朝霧を演じるのは、高い演技力と存在感で知られる国民的女優・安達祐実。芸能生活30周年を迎えるに当たり、今までのすべてを捧げ、時に妖艶に、時に生娘のように演じ分け、濡れ場では大人の女優としてさらなる高みをスクリーンに刻み付ける。半次郎役はTVドラマ「昼顔」「ファーストクラス」(フジテレビ)と続々話題作に出演する注目の若手俳優、淵上泰史が演じる。妹女郎役に小篠恵奈が扮するほか、三津谷葉子、多岐川華子、立花彩野ら若手女優陣が彩りを添え、高岡早紀、友近、津田寛治らベテラン個性派共演陣が脇を固める。そして、メガホンを執ったのは映画『裁判長! ここは懲役4年でどうすか』『ソフトボーイ』の新鋭・豊島圭介監督。これまで数々の遊郭を舞台にして名作を生み出してきた東映京都撮影所で、官能純愛絵巻に挑む。また、その朝霧の心象風景にシンクロした黒色すみれによるエンディングテーマ「ラピスラズリ」が深い余韻を残し、本作品のラストを彩る。

【ストーリー】
江戸時代末期の新吉原。囚われの身ながらも地道に働き、間もなく年季明けを迎えようとしていた人気女郎・朝霧は、縁日で半次郎という青年と出会う。幼い頃に母から受けた折檻のつらい記憶から、心を閉ざし空っぽな日々を送っていた朝霧だったが、半次郎に生まれて初めて胸のときめきを感じ、今まで知らなかった女性としての気持ちが徐々に目覚めていく。しかし、過酷な現実が彼女の運命を大きく変えてしまう――。

【キャスト】
安達祐実
淵上泰史 小篠恵奈
三津谷葉子 多岐川華子 立花彩野
松田賢二 中村映里子 不破万作
友近 高岡早紀/津田寛治


コメントをどうぞ