今井美樹が主演映画「犬死にせしもの」で乳首晒した濃厚セックス

今井美樹
今井 美樹(いまい みき、1963年4月14日 – )は、日本の歌手、女優。本名、布袋 美樹(ほてい みき)
誕生日
1963年4月14日(52歳)

星座
おひつじ座

出身地
宮崎

性別

血液型
AB型

今井美樹が主演映画「犬死にせしもの」で乳首晒した濃厚セックス
昭和22年。復員兵・重佐(真田広之)は共にビルマ戦線から生還した鬼庄(佐藤浩市)と再会する。瀬戸内海一帯を荒らし回る海賊となっていた鬼庄の仲間に加わった重佐は、ある日大阪の嫁ぎ先へ向かう途中の娘・洋子(安田成美)を誘拐する。ところが嫁ぎ先がヤクザに捜索を依頼したことから、壮絶な戦いが開始される。
西村望の小説「犬死にせしものの墓碑路」を井筒和幸監督が映画化。全編の4分の3が海上シーンという、我が国では珍しい海賊アクション映画。少年時代に帰ったように、素っ頓狂な声を上げて広大な海で暴れまくる男たちは、井筒監督の出世作『ガキ帝国』の不良たちを思わせ、主役である真田広之、佐藤浩市のふたりは半ばヤケクソ気味に前進する弾けたキャラクターを好演。また若き日の安田成美が誘拐された花嫁に扮して清楚な姿を見せる一方、本作が映画初出演の今井美樹のスレンダーな肢体も見もの。
ビルマ戦線から生還した後、瀬戸内海を荒らし回る海賊となった二人の男たちの、熱き青春を描いた海洋アクションドラマ。真田広之、佐藤浩市、安田成美ほか出演。
出演: 真田広之, 佐藤浩市, 安田成美, 今井美樹
監督: 井筒和幸


コメントをどうぞ