岩佐真悠子 映画「受難」乳首まで出した濃厚セックスシーン

岩佐真悠子
岩佐 真悠子(いわさ まゆこ、1987年(昭和62年)2月24日 – )は、日本の女優、タレントである。
誕生日
1987年2月24日

星座
うお座

出身地
東京

性別

血液型
A型

身長
155cm

デビュー年
2003年

デビューのきっかけ
スカウト

デビュー作品
ミスマガジン2003
代表作品

2005年
がんばっていきまっしょい (フジテレビ)

2006年
のだめカンタビーレ (フジテレビ)

2006年
ギャルサー (日本テレビ)

2007年
花ざかりの君たちへ~イケメン♂パラダイス~ (フジテレビ) 花屋敷ひばり役
主な活動

テレビ

医師たちの恋愛事情
太鼓持ちの達人
黒服物語
ファースト・クラス

映画

娚の一生
25NIJYU-GO
受難
009ノ1

舞台

恋するアンチヒーロー
サイコメトラーEIJI~時計仕掛けのリンゴ~

岩佐真悠子 映画「受難」乳首まで出した濃厚セックスシーン
岩佐真悠子が初フルヌード、初ベッドシーンに挑戦!
「昭和の犬」で第150回直木賞を受賞した姫野カオルコの禁断の原作を衝撃の映画化!
え! ?あそこに人面瘡(じんめんそう)
ある日、フランチェス子のあそこがしゃべり始めた! 直木賞作家、姫野カオルコ「受難」を衝撃の映画化! 性に悩める主人公を岩佐真悠子が体を張って熱演! ! むきだしの性をユーモアたっぷりに真正面から描き切る。
ある日、主人公のアソコに人面瘡ができるという奇想天外な設定で始まる本作品の原作は、「昭和の犬」が第150回直木賞を受賞した人気小説家・姫野カオルコの傑作同名小説。更に本作は姫野カオルコ初の映像化となる記念すべき作品となった。とにかくアソコの描写が頻繁に登場するだけに映像化は100%無理だろうと言われた原作を新鋭・吉田良子監督が果敢に挑戦。主演はグラビアアイドルで頂点を極め、女優として活躍の場を広げる岩佐真悠子。とてつもない難役をフルヌードも辞さず演じ切り”女優魂”を見せつけた。そして「あまちゃん」で一世を風靡したことが記憶に新しい大友良英が音楽を担当。様々な個性がぶつかり合い生み出された本作は、過激でありながらどこかピュアな世界観で、あなたに性と愛の本質とは何かを問いかけます!
出演: 岩佐真悠子, 淵上泰史, 伊藤久美子, 古舘寛治
監督: 吉田良子


コメントをどうぞ