安達祐実が主演映画「花宵道中」で濃厚全裸濡れ場動画 沢尻エリカ 映画で全裸ヌード丸出しセックス映像

岩佐真悠子(濡れ場 女優)の生乳モロ出しセックスシーン。※動画あり


映画「受難」という作品で、すっぴんのままフルヌードになって濡れ場シーンを挑んだ!そのセックスは生々しいものにしあがってます。直木賞候補となった姫野カオルコの小説を実写化した、異色のドラマ。恋愛やセックスに対して深く考えてしまう女性が、局部に出現した人面瘡(そう)と奇妙な共同生活を送っていく。

あらすじ

修道院で育った、天涯孤独で純粋無垢(むく)な女性・フランチェス子(岩佐真悠子)。社会に出たばかりの彼女は、どうして男と女は恋に落ちるのか、なぜセックスするのかを深く考え悩んでは、もんもんとする毎日を送っていた。そんな折、彼女の性器に人面瘡(そう)ができてしまう。しかも、その人面瘡(そう)は事あるごとにフランチェス子を「おまえはダメな女だ!」と口汚くののしる意地の悪い性格。情け容赦ない言葉の数々に打ちのめされながらも、人面瘡(そう)人瘡(そう)に古賀さんという呼び名を付けて一緒に暮らしていくが……。

この当時一般男性と付き合っていた岩佐真悠子だが、記者会見にて彼氏がこのフルヌードシーンを知ったらどうしますか?
という質問に「彼はまだ映画を見ていないですが、映画の公開前に濡れ場を演じたことを伝えると、「他の男とこういうことするんだ」と嫉妬するような感じで言われたという」
現在も付き合いが続いているかはわかりませんが、彼氏が大好きな彼女の濡れ場を見るのは、仕事とはいえ嫌な心境ですね。



コメントをどうぞ